英国発!美は一日にしてならず


イギリスから、美肌、美食、美酒、美装飾、美痩身、美景色、あらゆる角度の美を追求したいと思います。
by Pochidora
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2011年 11月 29日 ( 1 )

真昼のミステリー

(注)今回は小説仕立てにしてみました。
   衝撃の写真が最後にあります。
   最後までお読み頂けましたら幸いです。


それは、ある晴れた日の午後の出来事でした。
いつものように、私は一人もくもくと自宅の書斎で
パソコンに向かって仕事をしておりました。

愛犬のミルキーはお散歩も済み、
ぐっすりとベットの上で布団に埋もれて
眠っております。

辺りには私のパソコンを打つキーの
音だけが響いております。
デスクの上に置いたコーヒーのゆげ
さえもが、まるで時を止めたかのように
風景の中に染みこんでいきます。

そんな時突如、家の中で何か大きな物が
倒れたような、もしくは何かが落っこちたような
大きな物音が響き渡りました。

ベットの上ですやすやと眠っていた
ミルキーもその物音にびっくりして飛び起きてきました。

一体何の音でしょうか??
私はてっきりアイロン台か何かが倒れたのかと
思い、急いでアイロン台の立てかけてある部屋へと
様子を伺いに行きました。

しかし、アイロン台は倒れておらず
他にも何も異常は見られません。
次にバスルームにかけてあった何かが
落ちたのかと思い、バスルームをのぞいて
みました。

ところがここにも何も異常はありません。
しばらくの間、家中を探索してみましたが、
そんな大きな音がするような異常は何も
起こっておりませんでした。

「いったい、何だったのかしら・・・」
私は何だかちょっとこわくなり
わざと独り言を口に出して言ってみました。

愛犬ミルキーは、何も異常がないとわかると
さっさとまたベットに戻り眠ってしまいました。

察しのいい犬がこうやって
眠っているんだから、隣の家からの物音か
何かだったのだろうと思い直し、
その日は、また仕事を続けました。

そんな出来事のあった次の日のことでした。
セカンドベットルームの窓ガラスの一部が
曇っているのに気づきました。

まるで、日本の地下鉄で油ぎったオヤジの
頭がいねむりしたために窓ガラスにぶつかり
べっとりとその頭皮の油がこすりついたかのような
跡です。

「スネ吉さんかしら・・・?」
最初、スネ吉さんがセカンドベットルームの
窓のそばでヘアスプレーか何かを使用して
そのスプレーが飛び散り窓ガラスを
汚したものかと思いました。

しかし、どうも変です。
スネ吉さんはヘアスプレーなど普段使用しませんし、
だいたいセカンドベットルームで髪の毛のセットも
しません。

ところが、根がのんびり者の私。
気にはなったものの、調べることもせず
そのまま窓ガラスを放置しておりました。

それでも、毎朝、毎朝、セカンドベットルームを
のぞくたびにその窓ガラスの曇りが気になります。

重い腰をあげて、そろそろ窓ガラスの汚れを
拭きましょうか?と雑巾を片手にセカンドベットルームの
窓ガラスを拭きにかかりました。

ところが、いくら雑巾で拭いても拭いても、
その汚れが落ちないではありませんか。
よくよく見ると、その汚れは部屋の内側ではなく
外側についていた物だったのです。

そして、目を凝らしてその汚れを見ると、
ある姿が浮かび上がってきたのでした。

そこで、全ての謎が解けました!
あの日の物音の正体も、この窓ガラスの汚れも、
点と線が一つに結びついた瞬間でした。

これが、その窓ガラスについた汚れです。
d0229192_2551850.jpg

皆様にもこの謎が解けましたでしょうか??
よーーーーーーく、この写真を眺めてみて下さい。
ある生き物の姿が見えてくるはずです。

え?? お分かりにならない??
わかりました。 線でなぞってみましたので、下の写真を
ご覧下さい。
d0229192_257249.jpg

もうお分かりになりましたでしょうか?
はい、そうです。犯人は鳩だったのです。

あの日、犯人である鳩は何を思ったか
思い切り我が家のセカンドベットルームの窓めがけて
突進! 
あの大きな物音は鳩が窓ガラスにぶつかった時に
発生した物だったのですね・・・。
そして、ぶつかった時のあまりの衝撃で
魚拓ならぬ鳩の姿がこうやってしっかりと窓ガラスに
残ってしまったのです。

私はあわてて、下で鳩が死んでないか調べて見ました。
幸い、鳩の死体は見当たらなかったので無事再び飛んでいった
もののと思われます。
あの物音がしたときに気づいていれば、失神した鳩の姿が
見れたかも知れないと思うと残念な気もしますが・・・・。
とにかく全ての謎は解けました。

今も残る窓ガスの鳩の魚拓に
「もう間違って飛んでくるなよ・・・」と
名も知らぬその鳩へと想いを寄せるので
ありました・・・・。

え、早く窓ガラスを拭けって・・・??
面倒くさいのでそのうちに・・・・。

ここまで読んで下さった貴方!!
ありがとうございます(涙)
ついでに応援クリックなんかも押して
頂けるとうれしいのですが。。。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by pochidora | 2011-11-29 03:14 | イギリスの景色

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Powered By イーココロ!

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧